関連記事 暴力団組員を包丁で刺したとして殺人未遂罪に問われた住所不定、指定暴力団 住吉会 系組員、吉沢克司被告(70)の裁判員裁判の初公判が7日、宇都宮地裁(松本圭史裁判長)であり、吉沢被告は「殺す気はなかった」と起訴内容を否認した。

起訴状によると、昨年9月7日朝、宇都宮市南高砂町の組事務所で、弟分の男性(当時60歳)の左腹部を柳刃包丁(刃渡り約27センチ)で刺し、1カ月の重傷を負わせた、としている。

冒頭陳述で検察側は、知人の葬儀に遅れたこと を説教した際の男性の態度に腹を立てたとし「傷 が深さ10センチに達しており、死ぬ危険性が高 かった」と主張。

弁護側は「体の中心から外れた 所を一度刺しただけ」として傷害罪の適用を求めた。

殺人未遂 2013-3-8

【簡単登録!個人売買できる便利なサイト♪】
【日本未入荷】子供用ナイキ!ナイキ キッズ リトルダンク!
【即発送】kate spade×Minnie 限定コラボ★minnie !
【日本未入荷】ホテルライク♪ 7点セットでお得なベッドリネン!
 カテゴリ
 タグ