暴力団に店のパーティーチケットを無償提供したとして、県公安委員会は14日、県暴力団排除条例に基づき、県南地方で飲食店を経営する男性社長(64)に対し、金品を供与しないよう勧告した。

社長は「条例違反になると思いつつやった。

二度とやらない」と説明したという。

同条例による勧告は初めて。

 県警組織犯罪対策課によると、勧告理由は9月上旬ごろ、暴力団の威力を利用する目的で、県南地方の 山口組 系暴力団組長に、飲食店の開店記念パーティーのチケット120枚(310万8000円相当)を無償提供したとしている。

一部は転売されたとみられる。

 条例は昨年3月18日制定され、同7月1日に施行。

勧告に従わない場合、氏名などが公表される。

暴力団排除条例 2012-12-16

【簡単登録!個人売買できる便利なサイト♪】
【日本未入荷】子供用ナイキ!ナイキ キッズ リトルダンク!
【即発送】kate spade×Minnie 限定コラボ★minnie !
【日本未入荷】ホテルライク♪ 7点セットでお得なベッドリネン!
 カテゴリ
 タグ