暴力団組員であることを隠してゴルフ場を利用したとして、詐欺罪に問われた指定暴力団 山口組 系組長、佐山利次被告(71)と同組幹部、山口満被告(42)の判決公判が7日、大津地裁であり、「暴力団排除の取り組みをないがしろにして犯情は芳しくないが、事実を認め反省している」として、佐山被告は懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)、山口被告は懲役1年執行猶予4年(同)を言い渡された。

 また、大津地検は同日、2被告とともにゴルフ場を利用していたとして、同じ容疑で逮捕された不動産業の60代男性とコンサルタント会社経営の40代男性について、3日付で不起訴処分にしたと発表した。

詐欺・横領・背任 2012-12-8

【簡単登録!個人売買できる便利なサイト♪】
【日本未入荷】子供用ナイキ!ナイキ キッズ リトルダンク!
【即発送】kate spade×Minnie 限定コラボ★minnie !
【日本未入荷】ホテルライク♪ 7点セットでお得なベッドリネン!
 カテゴリ
 タグ